兵庫県姫路市を中心に外壁リフォーム・外装リフォームなど住宅リフォーム全般を行う施工会社。へーベルハウス指定工事店、株式会社坂榮建設

お電話でのお問い合わせはこちらからTEL.079-231-1717

屋根リフォーム

HOME > リフォーム > 屋根リフォーム

風雨や太陽光など自然の変化に耐える屋根は、住まいのなかで天候の影響を一番受ける場所。屋根をきちんと機能させることが快適な暮らしへの第一歩です。
塗装や葺き替えなどの方法がありますが、屋根材によって点検時期やリフォーム時期がことなりますので、まずはご相談ください。

屋根のリフォームが必要な症状

黒カビ・コケ・サビ

黒カビ・コケ・サビ

ストレート系平板瓦(カラーベストやコロニアル屋根材)の場合、何十年も放っておくと塗膜が劣化して水はけが悪くなり、黒カビが発生します。 また、金属板屋根の場合はさびをおこしやすいので注意が必要です。


屋根材の割れ・ずれ

地震の揺れや風雨によって屋根材がひび割れていることがあります。
また日本伝統の瓦の場合は、天候の影響などには耐久性を発揮しますが、ズレを起こしやすいので定期的なチェックが必要です。屋根材の割れやずれは雨漏りを引き起こし、木材を腐食させる原因になりますので、放っておかずすぐにご相談ください。

屋根のリフォーム方法

塗装

塗装とは、表面塗装を塗り直す方法のことです。築10年程度で、屋根材・下地材の傷みが軽い場合に行います。
まず、高圧洗浄を施し、屋根に付着した黒カビやコケを落とし塗装をしていきます。塗装の種類で耐久性や防水性がことなりますのでご相談ください。
近年多く使用されるストレート系屋根材の場合は7〜10年ごとの、セメント瓦の場合は15年〜20年ごとの塗装が必要といわれます。


葺き替え

葺き替えとは、既存の屋根材を撤去し新しい屋根材を被せる工法です。
塗装が行えない状態であると判断した場合におすすめする方法です。(ストレート系屋根材の場合、築20年ほどで葺き替えが必要になります。)
また、「カバー工法」という、既存の屋根材を撤去せずに新しい屋根材を被せる重ね葺きもあります。お客様の住まいの状況に合わせて、最適なご提案をさせていただきます。